• ホーム
  • 花粉症の予防にも効果のあるアレグラをシーズン前から服用しよう

花粉症の予防にも効果のあるアレグラをシーズン前から服用しよう

アレグラは副作用が少なく、眠気や集中力の低下が起きにくい薬です。通常の抗ヒスタミン薬の場合、薬の添付書類には注意事項として、車の運転や危ない機械の操作は極力行わないなどの文面がありますが、アレグラの場合はそういった記述がありません。

花粉症の場合、対応が遅れてしまうとその年の症状は重くなることがあります。そのためできるだけ花粉が飛ばないうちに治療を開始する、シーズン前初期療法を行うことが大切になるのです。初期療法は、花粉の飛散が多くなる半月前から抗ヒスタミン薬などを服用し始めることが主となります。最初のうちはまだ花粉症の症状が出ていないため、本当に薬を服用していても良いのか疑問に思うことがありますが、体の中ではヒスタミンが過剰に分泌されるのを防いでいる状態なので、途中で服用をやめず半月前から続けて服用するようにします。

初期療法として使用される薬にはアレグラがあります。アレグラは第2世代抗ヒスタミン薬の代表的な薬で、副作用が少ないのが特徴です。副作用が少ないので眠くなりにくく、車の運転に関しても制限はありません。そして集中力も維持することが可能ですので、学生でも使用することができるのです。

アレグラは処方薬だけでなく市販薬としても販売されているので、比較的手軽に手に入る薬です。アレグラは花粉のシーズンが始まる前に予防薬として使用しますが、予防として服用する場合、半月は服用しなくてはならず、自分勝手に服用をやめたり開始したりするのは危険です。

実際に症状が出てからの注意事項としても1週間たっても効果が見られない、または効果があっても2週間以上服用している、といった場合は医師や薬剤師に相談をしなくてはなりません。自分の症状にアレグラがあっていない可能性があるからです。ですので、予防段階では医師と相談をしながら進め、実際の症状が出てきたら1週間は効果があるのかないのかをしっかり自分で把握するようにします。

アレグラなど第2世代抗ヒスタミン薬は予防効果が確認されています。予防をするとしないとでは、その後の症状に差が出てくるので、シーズンが始まる前に服用を開始しましょう。

そして花粉症を乗り切るには、症状が治まっても薬の服用を勝手にやめないことです。風邪のように症状が重いときだけ服用しても効果は出てきません。継続して服用するということが基本になるので、症状が出ていなくても薬の服用をやめないようにします。