• ホーム
  • 漢方薬で花粉症対策はできる?おすすめは何?

漢方薬で花粉症対策はできる?おすすめは何?

花粉症は免疫の過剰反応が原因となって起こります。それゆえに免疫機能を整えることが出来る漢方薬を取り入れることは、有効となる可能性があります。漢方薬には副作用があまりないのでその点でも取り入れやすいといえるでしょう。具体的に高い効果を持つ漢方薬としては苓甘姜味辛夏仁湯、葛根湯加川芎辛夷、荊芥連翹湯といったものがあります。苓甘姜味辛夏仁湯は中国のある地方では一般的に食べられており、栄養価の高さから徐々に注目されてきています。葛根湯加川芎辛夷は体温の調節機能を正常化させるために有効となる漢方薬です。全般的な体調不良の際にもよく用いられます。荊芥連翹湯は代謝を整えるために用いられることが多い漢方薬です。血行促進をしたい方にもうってつけです。人間の体は体温が上がるほど免疫機能が向上する性質があります。それゆえに漢方薬によって体温を向上させ、花粉症対策を行うことは有効といえるでしょう。漢方薬を用いることのメリットは、他の体調不良にも対策出来るということです。花粉症に対処しつつ、全般的な体調を整えることが可能となっています。

小青竜湯も鼻詰まりを解消するためによく用いられています。小青竜湯は誰でも気軽に飲めます。少し苦みがありますが、漢方薬の中では少し即効性が高いという利点もあります。鼻づまりで悩んでいる方にはおすすめです。清涼感を得られる点も小青竜湯のメリットとなっています。清涼感を得ることで寝苦しい夜にも対処することが出来ます。鼻水が出て困っている、眠れないという場合には使用してみることをおすすめします。漢方は一般的な医薬品と異なり、すぐに効果が出ないケースも多いです。しかし、体の調子を徐々に変えていくことが出来るという特徴もあります。副作用も少ないので気軽に飲むことが出来ます。苦みに耐えることが出来れば、それほどデメリットもないといえるでしょう。漢方薬は西洋の医薬品に比べて刺激が少ないため、飲み合わせにもそこまでこだわる必要がありません。ただし、一部の成分の中には強い反応を示すものもあります。それゆえに常用している薬とのバランスについては注意しておく必要があるといえるでしょう。花粉症に直接的に作用する漢方でなくても、総合的に体調を整えていくことが可能となっています。これにより、意外な漢方が結果的に花粉症の諸症状を緩和するケースもあります。自分に合ったものを見つけることが重要といえるでしょう。鼻水や鼻づまりに対処し、血行促進を行いたい方におすすめです。