• ホーム
  • 妊娠中のアレグラ服用は胎児に副作用はないのか

妊娠中のアレグラ服用は胎児に副作用はないのか

鼻をかんでいる女性

アレルギーの症状は妊娠中においても出てきます。特に妊婦はお腹に胎児がいるため免疫反応が亢進し、アレルギーの反応も強く出てしまうことがあります。結果副作用が強く出てしまい、ひどい眠気に襲われてしまうことも多いです。毎年花粉症になる場合は、できるだけ花粉に触れないように気を付けることが大切です。

妊娠中に症状が出てしまった場合、アレグラを服用しても良いのか悩みます。市販薬のアレグラは添付文書に、妊婦はできるだけ服用しない、ということと授乳中も服用を避ける、と書かれています。つまり、に妊婦で服用をした場合、胎児にどのくらいの影響があるのか、そして授乳中は母乳の中に移行した場合赤ちゃんにどういった影響があるのかまだわからない部分があるということです。

どのくらいの影響が出るのかわからないため、処方薬の場合は治療上の有用性が危険性を上回ると判断されたときのみふくようできるとしていますし、授乳中は避けたほうが良いと記されています。安全性が確立されていないのが現状であるので、薬自体の服用を避けなくてはならないのです。

もちろん産婦人科では、毎年服用しているものと同じものを服用するのであれば大丈夫、としているところもあります。これは医師が有用性が危険性を上回ると判断したからです。毎年同じ時期に同じ薬を服用しているのかどうか、ということがポイントとなるので、心配な場合は医師に相談をしたほうが良いでしょう。

妊娠中も服用することができる薬には、ザイザルやクラリチンアレジオンやアレグラなどがあります。どの薬が良いのかは、アレグラは比較的副作用が出にくい薬ですが、授乳中は避けるようにし、妊娠している最中もできるだけ抗ヒスタミン薬の服用は避けたほうが良いです。とはいえ花粉症の症状は重く、どうにかしたいと感じるのも事実です。心配な場合は医師に積極的に相談をし、勝手に服用しないように気を付けてください。

現段階では妊娠中のアレグラ服用は胎児にどのような影響があるのか、そもそも影響がないのかわからない部分があります。そのため服用しないほうが良いです。花粉症の症状がひどくならない方法をまずは考えたほうが良いので、花粉を寄せ付けない生活をするようにしましょう。花粉は特に昼の11時ごろと夕方に飛散量が増えます。このような時間帯はできるだけ外出を避けて、もし外出をする場合は眼鏡やマスクの着用をするようにしてください。