• ホーム
  • 副作用の少ないアレグラを通販でGET!!!

副作用の少ないアレグラを通販でGET!!!

鼻をかんでいる女性

花粉が多く飛散する時期を中心に医療機関は大変混雑します。この時期は風邪やインフルエンザも流行しているので、できるだけ不要に医療機関の受診は控えたいのですが、花粉症を軽減するには医師に相談をして薬を処方してもらわなくてはなりません。

ですが、アレグラの場合ドラッグストアでも購入ができますし、通販でも処方箋なしで購入することができる薬です。厚生労働省でアレグラは第2類医薬品と定められており、簡単に購入できるようになっているのです。厚生労働省での第2類医薬品は薬剤師や登録販売者がいる販売店で購入することができますし、インターネットなどの通販を利用しても購入することが可能です。そのためわざわざ医療機関を受診しなくても、アレグラを手に入れることはできるのです。

アレグラは個人輸入でも購入することができますが、個人輸入の場合主成分であるフェキソフェナジン塩酸塩の量が異なります。通常、処方箋やドラッグストアで購入する場合、フェキソフェナジン塩酸塩は1錠あたり60mg、子ども用であれば1錠あたり30mgとなっていますが、個人輸入では180mgといったものも販売されています。

個人輸入でまとめ買いをしたほうが安いような気がしますが、知識がない状態で購入し服用するのは大変危険ですし、副作用が出たときにどのように対応してよいのかわからないこともあります。ですので、安いからと言って安易に輸入されたものを購入しないほうが良いでしょう。

なお、市販薬のアレグラジュニア用は、要指導医薬品となっており簡単に購入することもインターネットから購入することもできません。副作用が全くないわけではないので、適正に使うことができるかチェックするシートがあり、それに記入をして薬剤師のいる薬局に持っていき説明を受けないとなりません。それでも医療機関を受診する時間を考えれば、時間の短縮にはなるので、検討してみても良いでしょう。

費用の面においては、処方箋のほうが安いです。市販のアレグラはだいたい1箱に1週間分の量が入っており、処方箋の場合は2週間ほどまとめて出されることがあるからです。そして子供の場合は病院を受診すると医療費が無料になったり少ない負担で受診できたりもします。

余計な病気にかからないようにするには通販が良いですし、自分の好きな時間に注文することもできるので、自分の生活スタイルに合わせて購入方法を考えると良いでしょう。