• ホーム
  • アレグラは何種類の花粉に効果があるの?

アレグラは何種類の花粉に効果があるの?

花粉症は、体内に入ると異物と判断され花粉に対する抗体を作ります。2回目に再び花粉が入った場合、体内では肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエン、トロンボキサンと呼ばれる物質が放出され、アレルギーの症状を引き起こします。主にヒスタミンが放出されるのですが、放出されると受容体拮抗作用によって、ヒスタミンH1受容体と結びついてしまい、鼻水やくしゃみといった症状が起きます。

本来ヒスタミンは悪い面ばかりではなく、脳では覚醒作用を維持している神経伝達物質として働いています。鼻粘膜に症状がでた場合は抗ヒスタミン薬によって受容体拮抗作用を阻止しなくてはなりませんが、ヒスタミンを止める作用のある抗ヒスタミン薬を服用すると脳の神経伝達物質としての働きが弱まり眠気が起きてしまうのです。

抗ヒスタミン薬には、第1世代、第2世代とあり、第2世代のほうが脳に影響がなく、眠くなりにくい傾向があります。花粉に対する効果は若干劣るものの、アレルギーに対しての効果を持続する力はあり、しかもヒスタミンが作られるのを抑制する力もあるので、現在では第2世代のものを使用することが増えています。

アレグラは第2世代抗ヒスタミン薬で、鼻水を止めるほかに蕁麻疹や皮膚のかゆみに効果のある薬です。対応している花粉は春の場合、スギやヒノキ、ハンノキやシラカバがあり、秋になるとイネ科の植物やヨモギ、ブタクサに効果があります。これらの花粉はアレルゲンとして知られているもので、花粉症の人がアレルゲンとして反応してしまう花粉類です。そのためすべての花粉に効果があるといえるでしょう。

なおアレグラはアトピー性皮膚炎や蕁麻疹、虫刺されによるかゆみとアレルギーにあまり関係のない皮膚関係の症状も止めることができます。詳しく見ていくと虫に刺されたことによるかゆみは一種のアレルギー反応であり、体の中で反応が起きているということなので、アレルギー性鼻炎と似た仕組みになっていることがわかります。

アレグラの場合、鼻水や鼻づまり、くしゃみといった即時的に起こる反応に強く、服用をすることで効き目が早く出てきます。さらに効率よくアレルゲンに対応するには、飛散する直前から服用を開始し、体に入ってくるアレルゲンが過剰に反応しないようにするのが一番です。時期の見極めが大切になるので、情報を整理し自分はいつから服用を開始したらよいのか、考えて早めに対処するようにします。