公開履歴
マスクをかける女性

花粉症になると使われることの多い薬は、第2世代抗ヒスタミン薬と言われるものです。第2世代抗ヒスタミン薬にはアレグラの他に、ジルテックやザイザルなどがあります。

抗ヒスタミン薬には第1世代、第2世代があります。第1世代は、脳にいきやすいので鎮静性が強く出てしまい、結果眠気や口の乾きなどの副作用も多いです。ですが速やかに効果がでるので、眠気などの副作用があっても効果をすぐに出したい、という時に使用されます。

第2世代は第1世代の欠点を取り除いたもので、非鎮静性タイプの薬です。非鎮静性であるので脳内に移行することが低く副作用も出にくくなっています。くしゃみや鼻水を止める効果は第1世代と同じですが、さらにかゆみの原因となるヒスタミンを放出させない働きもします。

そのため第2世代は、花粉が飛び始める直前から服用することによって、薬の効果を実感できるようになるのです。

ジルテックは、第2世代抗ヒスタミン薬の中でも比較的口の乾き、眠気が起きやすい薬です。効き目も強いのですが、その分副作用が出ることもあり、就寝前に服用するようになっています。このジルテックのジェネリック医薬品がザイザルで、ザイザルはジルテックに比べると副作用は軽く、効き目の持続性が高いです。とはいえ、ザイザルの場合も眠気の副作用があり、ジルテックと同じように就寝前に服用するようになっています。

アレグラは、抗ヒスタミン薬の中でも副作用が出にくい薬です。眠気もなく集中力が途切れることもないため、1日2回服用をしますが、子供であっても服用することができます。そして空腹時に服用をしても胃や腸に負担をかけることも少ないです。薬の添付書類を見ても、ザイザルやジルテックには服用後は眠気が起きるため車の運転などは極力控えるといった内容の文章が書かれていますが、アレグラにはそのような記述はありません。

副作用が少なく、もし出たとしても軽く済むアレグラですが、効き目が弱いわけではありません。アレグラの主成分であるフェキソフェナジン塩酸塩は、効率よく鼻水やくしゃみを抑えることができ、さらにヒスタミンの放出をあらかじめ止めることもできる薬です。花粉症の薬に多い口の乾きも起きにくく大変服用しやすい薬ですが、きちんと服用する期間や回数を守らないと眠気などは出てしまいます。正しく服用することで効果を持続し、副作用が出にくくなりますので、どのくらい服用したかを把握することが必要です。

記事一覧
妊娠中のアレグラ服用は胎児に副作用はないのか 2019年09月15日

アレルギーの症状は妊娠中においても出てきます。特に妊婦はお腹に胎児がいるため免疫反応が亢進し、アレルギーの反応も強く出てしまうことがあります。結果副作用が強く出...

アレグラはジェネリックでも副作用は変わらない 2019年09月12日

アレグラにも様々なジェネリック医薬品が販売されています。ジェネリック医薬品は国の厚生労働省の許可を得て製造は販売がされているため、もともとの医薬品と同一の主成分...